所在地/TEL: 東京都八王子市川口町2722/042・654・4418
 
   
 
 寺伝によれば開山は勝恵法印と伝えられているが、創建年代をはじめ創立された当時のことは不明。長い間、衰退していた寺を再興したのは頼永法印、その年代は延宝7年(1679)とされている。本堂に安置されている本尊は不動明王、本堂左手に建つ白萩堂には「子育て観音」の別名を持つ聖観音像(仙台藩主伊達綱宗作)、また仮堂には新本尊と丈六の不動明王が祀られている。
 
   
 
主な花:ハギ(7月中旬〜9月下旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
関東地方随一を誇る「ハギの寺」である。広い境内一円に植えられているハギの株数はおよそ2500株。つぎの大悲願寺がシラハギだけであるのに対して、この寺にはミヤギノハギ、ヤマハギ、シラハギなどたくさんの種類が植栽されているのが大きな違いである。白萩堂周辺にはその名にちなんでシラハギが多く植えられており、風情のある光景が展開するのも魅力。境内東側にある新本堂周辺にもハギが数多く植えれていて、情緒のある花模様が展開する。
 
   
 
 
 

宗派 真言宗智山派 
本尊 不動明王
拝観 境内自由

花ごよみ ハギ7月中旬〜9月下旬

 

交通 電車:JR中央線八王子駅・京王線京王八王子駅から川口小学校行きバスで終点下車徒歩5分 車:中央道八王子ICから国道411号経由

駐車場 なし