ほけきょうじ  
   
 
所在地/TEL:

千葉県市川市中山2‐10‐1/047・334・3433

 
   
 
 日蓮宗屈指の巨刹で、国宝指定の日蓮聖人真筆も伝わっている。日蓮聖人は松葉ヶ谷の焼打の後、中山の地に避難されていたおり、聖人自らこの地に釈迦牟尼仏を安置し開堂入仏の式を挙げられたのが法華経寺の始まりである。聖人が自ら刻まれたという鬼子母神の尊像も祀られており、中山の鬼子母神さまとして広く信仰を集めている。
 
   
 
主な花:サクラ(3月下旬〜4月上旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
10年ほど前には荒行堂前に花つきのいいシダレザクラがあって参拝客の人気を集めていたが、枯れてしまったのが残念だ。しかし、五重塔前を中心に境内のあちこちに植えられているソメイヨシノは相当老木化しているが、それぞれが健在だ。重要文化財に指定されていて趣のある朱塗りの五重塔は逆光線だと黒色に見えるが、ソメイヨシノの白い花色が抜群の好対照となり、その美しさを強調する形となって、花の寺ムードをさらに高めているのが見ものである。
 
   
 
 
 

宗派 日蓮宗大本山 
本尊 日蓮大聖人、鬼子母神
拝観 境内自由

花ごよみ ウメ1月下旬〜2月中旬、サクラ3月下旬〜4月上旬、ツバキ4月上旬、ツツジ5月上旬

公式サイトリンク>>>

 

交通 電車:JR総武本線下総中山駅から徒歩10分 車:京葉道市川ICからすぐ

駐車場 100台 無料