えんめいじ  
   
 
所在地/TEL:

神奈川県足柄上郡松田町松田惣領2160/0465・82・0401

 
   
 
 布教のため、この地にやってきた行基が薬師如来と聖観世音菩薩の安置建立を里人に説き、草創したのが始まりである。『延命寺過去帳』によれば、観音堂は宝亀元年(770)に建立され、ここに祀られる本尊の薬師如来と聖観世音菩薩は行基作、胎籠馬頭観音土仏2体は弘法大師作と記されており、行基発願から約50年の歳月を経て寺が建立されたと見られる。
 
   
 
主な花:ボタン(4月下旬〜5月上旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
山門から100mほど続く参道沿いには20本ほどのサクラ(ソメイヨシノ)があり、4月初めは華やかな眺めを展開。そのサクラが葉桜となる頃、サクラの下に植えられているボタンが開花し、あでやかな花模様を繰り広げる。植栽されているボタンは金晃、花獅子、太陽など50品種、株数はおよそ2000株もあり、大輪の花が赤い和傘の下で競い咲く光景は「浄土の世界」さながらといった味わいで、参拝客の人気は最高である。
 
   
 
 
 

宗派 曹洞宗 
本尊 聖観世音菩薩
拝観 境内自由

花ごよみ サクラ3月下旬〜4月上旬、スイセン4月上旬〜下旬、ボタン4月下旬〜5月上旬

 

交通 電車:JR御殿場線松田駅・小田急小田原線新松田駅から徒歩5分 車:東名高速大井松田ICから国道255号・246号経由

駐車場 10台 無料

 

1且18日 馬頭観音例大祭
4月29日 ぼたん祭り
8月9日 馬頭観音4万8千日