せんぞうじ  
   
 
所在地/TEL:

神奈川県秦野市千村503/0463・87・7278

 
   
 
 足柄上郡松田町松田惣領にある延命寺の末寺で、文明13年(1481)、延命寺2世の行室良順大和尚によって開山された。『新編相模国風土記』によれば、慶安2年(1649)に徳川幕府より寺領13石を賜ったと記されている。創建当時の境内は本堂、鐘楼、薬師堂、照心社、稲荷社、衆寮などの堂宇があり、方丈の西には枯山水の庭があったと伝えられている。
 
   
 
主な花:チューリップ(4月上旬〜下旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
境内にはシダレザクラ、ハナモモ、ボタン、ナノハナなど多種類の花木や草花が植えられているが、主役となる花はチューリップ。チューリップの花を通じて訪れた人すべてが和やかな気持ちになってもらいたいと願って植えているもの。この寺には近くの幼稚園や小学校の子どもたちが遊びにくることも多く、子どもに人気があることも理由のひとつ。約5万球以上が植えられており、春はまさに百花繚乱のたたずまいが満喫できる寺である。
 
   
 
 
 

宗派 曹洞宗 
本尊 釈迦牟尼仏
拝観 境内自由

花ごよみ サクラ3月下旬〜4月上旬、チューリップ4月上旬〜下旬、シャクナゲ4月下旬〜5月中旬、ボタン5月上旬〜中旬

公式サイトリンク>>>

 

交通 電車:小田急小田原線渋沢駅からタクシー5分、または徒歩30分 車:東名高速秦野中井ICから国道246号経由

駐車場 7台 無料