ひなたやくし  
   
 
所在地/TEL:

神奈川県伊勢原市日向1644/0463・95・1416

 
   
 
 寺伝によれば霊亀2年(715)、行基菩薩が開いたと伝えられ、本尊の薬師如来像は行基自らが一刀三礼のもとカツラの木を刻んだものとされる。 開創時には霊山寺と呼ばれたが、のちに宝城坊と改められ、今日では「日向薬師」の名前で呼ばれ親しまれている。正月三箇日、1月8日の初薬師、4月15日の大法会には本尊が開扉され、拝観することができる。
 
   
 
主な花:サクラ(3月下旬〜4月上旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
宝城坊境内そのものは樹高が30mもあるスギやケヤキが多く、うっそうとした雰囲気に包まれ、サクラ、アジサイ以外の花木はあまり見当たらない。周辺はヒガンバナの群生地として知られる 日向薬師といえば最近、人気を集めているのが、ヒガンバナの赤花だ。この群落は日向薬師周辺の田圃や畑のあぜ、道端の崖地などに群生して、南関東随一の景観を誇っており、初秋を代表する花の名所となっている。 境内周辺の紅葉も美しい。
 
   
 
 
 

宗派 高野山真言宗 
本尊 薬師如来
拝観 10:00〜16:00 無料
(宝殿は300円)
※雨などの悪天候時は拝観・朱印が出来ない場合があります。

花ごよみ ミツマタ2月中旬〜4月中旬、サクラ3月下旬〜4月上旬、アジサイ6月下旬、ヒガンバナ9月中旬〜下旬、紅葉11月下旬

 

交通 電車:小田急小田原線伊勢原駅から日向薬師行きバスで終点下車徒歩10分 車:東名高速厚木ICから国道246号経由 
駐車場 30台 無料

 

1月8日 初薬師
4月15日 大祭