じょうちじ  
   
 
所在地/TEL:

神奈川県鎌倉市山ノ内1402/0467・22・3943

 
   
 
 鎌倉幕府の執権・北条時頼の三男(時宗の弟)、29歳の若さで亡くなった宗政の菩提を弔うため、弘安4年(1281)に建立された。宗政の子である師時を開基とし、開山は中国の名僧・兀庵普寧と仏源禅師大体正念、日本僧の真応禅師南州宏海の3人。鎌倉五山第4位の名刹として隆盛を極め、現在も本尊を祀る曇華殿(仏殿)をはじめ、総門、山門、方丈、客殿などの諸堂がたたずむ。
 
   
 
主な花:サクラ(3月下旬〜4月上旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
早春から陽春にかけての境内はまさに花に埋まった感じ。ツバキ、ミツマタ、サクラ、シャガ、ハクウンボク、イワタバコなどの花木と草花がいっせいに咲きそろい、百花繚乱のたたず春の境内は百花繚乱まいだ。こうした花を代表するのが境内中央に大きくそびえ立つサクラの一種、エドヒガン(江戸彼岸)。エドヒガンはしだれるものと、まっすぐ上に伸びるものとがあり、この寺にあるのは、しだれない「タチ(立ち)ヒガン」と呼ばれるもので、市の天然記念物に指定されている名木だ。
 
   
 
 
 

宗派 臨済宗円覚寺派
本尊 三世仏(釈迦・阿弥陀・弥勒)
拝観 9:00〜16:30 200円

花ごよみ ショカッサイ3月上旬〜下旬、サクラ3月下旬〜4月上旬、アジサイ6月〜9月中旬

 

交通 電車:JR横須賀線北鎌倉駅から徒歩8分 車:横浜横須賀道朝比奈ICから県道204号経由で鎌倉市内へ

駐車場 30台 無料