はっちょうかんのん  
   
 
所在地/TEL:

茨城県結城郡八千代町八町149/0296・48・0304

 
   
 
 寺伝によれば、結城氏の始祖・結城七郎朝光が源頼朝に従い、鎌倉に滞在中、名工運慶作の十一面観世音を拝して心打たれ、これを持ち帰り、河内郡内に境内地八町歩を定めて堂搭を建立、安置したのが始まりとされる。その後、数度にわたり兵火によって炎上したが、観音像のみは難を逃れ、今も霊験あらたかな「八町の観音様」と呼ばれ、親しまれている。
 
   
 
主な花:ボタン(4月下旬〜5月上旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
寄せ棟造りで方形の観音堂と、鐘楼を背景に、豪華な花模様を展開するのが「花の王」と呼ばれるボタン。4月末から5月初めにかけてのゴールデンウイーク頃に盛りを迎え、多くの参拝客の目を楽しませてくれる。その数は約1000株もあり、北関東では代表的な「ぼたん寺」であり、境内はあでやかな光景に満ちあふれる。初めてボタン園を開設した当初は、すべてのボタンの品種が判明していたが、現在はまったく不明という。しかし、花の美しさは抜群だ。
 
   
 
 
 

宗派 真言宗豊山派 
本尊 十一面観世音菩薩(長谷型)
拝観 8:30〜17:00 無料
(10〜3月は16:30まで)

花ごよみ ボタン4月下旬〜5月上旬

 

交通 電車:関東鉄道常総線下妻駅からタクシーで20分 車:常磐道谷和原ICから国道294号・125号経由

駐車場 8台 無料