ちょうらくじ  
   
 
所在地/TEL: 群馬県甘楽郡下仁田町本宿3788/0274・84・2518
 
   
 
 この寺は建久3年(1192)の建立と伝わっているが、正保4年(1647)、寛政9年(1797)、天保14年(1843)など、数回にわたる火災のため、記録は焼失し、詳細は不明である。本尊の釈迦如来坐像は、高さ133・5p、最大幅116・4p、奥行76p、光背の高さ180pの平安期の特徴を持つ木彫り寄木造りで、胎内仏を有し、下仁田町指定重要文化財に指定されている。境内には鐘楼もあり、1年365日、休むことなく正午には鐘撞きのお勤めがある。鐘の音は本宿中に響きわたり、しみじみとした「日本昔話」の村のような世界を演出してくれている。周囲に溶け込んだ木造の建物には落ち着いた雰囲気が漂う。
 
   
 
主な花:シダレザクラ(4月上旬〜中旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
山門をくぐると、正面に見事なシダレザクラがある。平成12年、「下仁田町の樹10選」に選ばれている。推定樹齢250年というかなり高齢な樹であり、樹幹の傷みがひどかったが、樹木医の手当てを受けて見事に蘇り、近年は見応えのある開花となっている。
 
   
 
 
 

宗派 曹洞宗 
本尊 釈迦如来
拝観 10:00〜16:00無料

花ごよみ シダレザクラ4月上旬〜中旬、ハクモクレン4月上旬〜中旬、サツキ5月上旬〜中旬

 

交通 電車:上信電鉄下仁田駅から市野萱・初鳥屋行きバスで本宿下車徒歩5分 車:上信越道下仁田ICから国道254号経由

駐車場 50台 無料