所在地/TEL: 群馬県甘楽郡甘楽町轟774/0274・74・2743
 
   
 
 弘安3年(1280)にはすでに天台宗の寺として栄えていたという。宝徳2年(1450)、国峰城主小幡実高が中興開基となり曹洞宗の寺として再興。現在の本堂は寛政5年(1793)に31世孤燈独明大和尚により再建されたもの。本堂右手前に立つ菊女観音像は小幡信貞の腰元のお菊の霊を慰めるために建てられたもので「子ども授かりの観音さま」として参拝者が絶えない。病気平癒の身替地蔵、ふれ愛観音も信仰を集めている。小幡七福神(布袋尊)、上州観音霊場第19番札所でもある。
 
   
 
主な花:シダレザクラ(4月上旬〜中旬)
 
   
 
image
 
     
 
 
     
 
境内にはサクラ、ヤブツバキ、カイドウ、ツツジ、アジサイなど花木が多く、「花の寺」情緒に包まれ、はるばると訪ねる価値がある寺院といってよい。 寺院を象徴する花木は本堂の前で大きく枝を広げるシダレザクラ。樹齢は140年ほどで、高さは13mもあり、形が整っているうえ、濃いピンクの花色が抜群に美しく、参拝客は「花浄土の世界」さながらの光景に時間の経つのを忘れるほどの美観である。
 
   
 
 
 

宗派 曹洞宗 
本尊 釈迦牟尼仏
拝観 8:00〜7:00 100円
(桜開花期は21:00まで200円)

花ごよみ フクジュソウ1月下旬〜3月中旬、サクラ4月上旬〜中旬、アジサイ6月上旬〜7月上旬、ロウバイ12月下旬〜2月下旬

公式サイトリンク>>>

 

交通 電車:上信電鉄上州福島駅から那須行きバス20分轟下車徒歩10分 車:上信越道富岡ICから県道46号経由

駐車場 80台 無料